補修シャンプーの選び方

ダメージ補修に効果的なシャンプーと一言で言ってもさまざまなアプローチの方法があります。そのため、髪質が異なるどんな人でも、自分に合った成分が配合されたシャンプーを探すことが可能です。

例えば、いまいち髪の艶がない、パサつくといった悩みを持っている人にはセラミドやアミノ酸が配合されたシャンプーがおすすめです。パサつきは髪の乾燥により起こるものですが、これは髪だけに保湿を施せば解決する物ではなく、頭皮の皮脂量や栄養が不足している場合にも起こる現象です。セラミドは頭皮に働きかけ、傷んで空洞になった髪の内部にも浸透し補修する力を持ちます。そうして補修した髪をアミノ酸が保湿し、髪自体の水分を保ちます。また、枝毛の原因はこうしたぱさつきなど髪の乾燥のケアが不十分な状態で、ドライヤーの熱や紫外線によりキューティクルが傷付くことで起こります。こうして一度傷付いたキューティクルの再生はほとんどできません。そのため、枝毛などを見つけた場合、そのダメージがそれ以上進まないようにすることが必要です。この場合、できるだけ泡立ちの良いアミノ酸系のシャンプーを選ぶと良いです。泡立ちの良いものを選ぶことで、シャンプーを行う際の髪の摩擦を軽減することが可能です。

【関連サイト】守り髪 – セラミド配合シャンプー

シャンプーでのケア

ヘアケアの方法と言えばブラッシングや頭皮マッサージ、蒸しタオルなどを使用したパックやオイルタイプやミルクタイプなどのアウトバストリートメントなどさまざまですが、その中でもおすすめなのがダメージ補修に特化したシャンプーに変えることです

ヘアケアに力を入れよう、と思い立った直後などは少し大変でもさまざまなトリートメントを使ったり丁寧に時間をかけてケアを行いますが、それら全てを忙しい毎日の中で習慣とするのは簡単なことではありません。しかし、ヘアケアは一朝一夕に状態が変わるものでもなく、美しい状態を維持するためには自分に合った正しいケアを施し続けることが大切になります。その点、シャンプーは日常の中で使用する物であり、シャンプーを変えるだけでかかる時間や手間が大きく変わることはなく、忙しい中でも大きな負担になることなく比較的続けやすいものです。

また、いつもの使い方に少し工夫することでよりその効果を実感することもできます。例えば、シャンプーを使用する前に大まかな埃などを落とし絡まりを解くためにブラッシングを行うことや、泡立ちだけで汚れを落とすのではなく、シャンプーを付ける前の予洗いを十分に行うなどです。

ヘアケアで美を保つ

私たちの髪は日々さまざまな刺激に晒されています。空気の乾燥や風に含まれる塵やごみ、寝る際の枕との摩擦や、強い紫外線、傷みを防ぐために早く乾かす手段の一つ、ドライヤーによる熱など毎日のちょっとしたことでも髪や地肌にとってダメージとなる刺激になり得ます。また、髪型や髪色は、第一印象を大きく左右するほどの効果を持ちます。流行によって髪色を手軽に変えて楽しんだり、パーマをあててお洒落な髪型を維持したりと美容院に通う人も多いですが、それらの施術でも髪は傷んでしまいます。放っておくとそれらは蓄積して、ぱさぱさと毛先のまとまりが悪くなったり、髪が切れやすくなったり、手触りが悪くなったりと見た目や触り心地にも影響が出ます。

そこで、最近注目されているのがさまざまなヘアケアアイテムです。自然由来の成分にこだわったシャンプーや、より内部まで浸透するように作られたコンディショナー、オイルタイプやミルクタイプとテクスチャもさまざまなアウトバストリートメントや、スタイリングの際の刺激から髪を守るものなど、多くの種類が販売されています。これらの中からより自分の髪質やなりたいイメージに合ったものを見つけ、日々のお手入れに取り入れることで、より健康的で美しい髪を維持することができます。

ヘアケアは一度だけではなく、継続して毎日の習慣とすることでより効果を実感することができ、また美しいままキープすることができます。そのため、ダメージ補修に特化したシャンプーに変えるというケアの手段もおすすめです。